機能性食品として、根拠はどこに?

奥が深いひざサポートコラーゲン応援情報

ひざサポートコラーゲンは機能性食品ですが、医薬品と間違われないように表示が注意されています。

奥が深いひざサポートコラーゲン応援情報メインimage

機能性食品として、根拠はどこに?

ひざサポートコラーゲンなどの機能性食品には、治療目的ではないとか予防目的に用いないなど、混乱するような表現が多くあります。

なぜでしょう。

■医薬品ではないので従来と変わっていない表現。

ひざサポートコラーゲンは機能性食品であることが認められているにも関わらず、広告には「効く」という言葉が使われていません。

それどころか、「治療が目的ではない」、「予防目的ではない」などの表現があり、では一体何に効くのだろうという気持ちになります。

実は機能性食品といっても、医薬品ではないので、効くとは断言できないのが前提。

従来の表現レベルと大きくは変わっていません。

■違いは機能性と摂取の仕方を明記できること。

機能性食品とは、メーカーが自主的に消費者庁に「機能性食品」としての届け出をしたもので、裏付けなど一定の機能が確認できればOKというものです。

とはいえ化学的な根拠やヒトを使った臨床実験など、ハードルは非常に高く、認定されるまでの道のりには険しいものがあります。

メーカーからみて、機能性食品として認められるメリットは、機能や食し方を提示できることです。

「こういう機能が確認されています」、「朝晩、2粒ずつお飲みください」などです。

効果は明言できませんが、機能性の表示などから効果を読み取ることは可能です。

■ひざサポートコラーゲンに効果がないわけではありません。

しかし効果がうたえるのは医薬品だけです。

効果がうたえない理由の1つには、医薬品と混同されないようにとの配慮からです。

監督官庁も消費者庁と厚生労働省ですから、格が違ううえに縄張りも違います。

またもしも消費者がひざサポートコラーゲンを薬と同じ効果があると思い込んでしまったら、たいへんなことになります。

効果がないとは言えませんが、医薬品でないので断言は許されていません。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント