ひざサポートコラーゲンは臨床実験済み?

奥が深いひざサポートコラーゲン応援情報

ひざサポートコラーゲンには、機能性食品の承認を得る過程で臨床実験が義務化されています。

奥が深いひざサポートコラーゲン応援情報メインimage

ひざサポートコラーゲンは臨床実験済み?

ひざサポートコラーゲンなどの機能性食品には、認証の過程で臨床実験が義務付けられています。

トクホとは違いますので、注意しましょう。

◎こちらも参考に⇒【トクホと何が違う?注意点は…機能性表示食品とは:読売新聞

■機能性食品の条件にある、ヒトを使った臨床実験項目。

ひざサポートコラーゲンは、機能性食品としての認証を受けました。

機能性食品とは、消費者庁が定める一定の条件に対して、必要な書類や証明に値するものを添えて提出するもので、そこに化学的な根拠が裏付けられていれば認証されます。

申請に必要な要件は4つあります。

1 成分エビデンス(証明)の明示、2 ヒトを使った臨床試験の実施、3 査読付き論文の添付、4 安全性試験の実施と経過報告書。

この4条件です。

この中にヒトを使った臨床実験という項目があり、ひざサポートコラーゲンは臨床済みであることがわかります。

■役所に虐げられてきた結果、消費者の誤解を生むことに。

健康食品はいい加減という非難や懐疑的な見方、これは理解できないわけではありません。

ひざサポートコラーゲンをはじめとする健康食品には、長い間、そうであることの定義さえ与えられず役所から無視され続けてきた経緯があります。

その結果、消費者に改善や効果、機能的な仕組みなど十分な説明もできずにきました。

この機能性食品の制度ができてからは、根拠として改善や効果もうたえるようになりました。

■機能性食品の枠組みができてからは、表現の規制も緩やかになり、説明もしやすくなりました。

今後はもっと多くの人に役立てられるでしょう。

ひざサポートコラーゲンをはじめとする健康食品は、昔とは違って表現の規制も緩やかになりました。

今後は懐疑的な見方をする人も減少するでしょう。

医薬品の多くは対処療法ですが、サプリメントには予防的側面もあります。

役立ててください。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント